薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

年齢別の薬剤師年収

※薬剤師転職サイトランキングを見る

薬剤師の平均年収は、年齢別に見ると、大体20代で年収400万くらい、30 代にさしかかるところで500万円それからずっと伸びてきて、40代、50代になると600万から800万など、その役職によって差がでててきて、60代になってからはまた500万くらいに落ち着いてきます。

薬剤師というのは、それだけ安定していて、常に需要がある専門職という印象がありますね。女性が多く、しかも薬剤師として働いている女性はすべて正社員、フルタイムではないということもあってか、男性が大体平均600万円くらい、女性は500万円ほどが平均年収といわれています。

年齢としては、男性も女性も30代後半から40代くらいが平均年齢というおとで、若い人からベテランまで幅広く活躍している事が分かります。

薬剤師の一番の特徴というと、あまり平均年収がここ10年程変わらないこと、不景気に強い職業ということがわかります。そして最近のドラッグストアの林立に伴って、薬剤師の仕事の需要は引きも切らず、多いということがあります。もし職場や職種を選ぶことがなければ、職に就く事ができないという薬剤師は比較的少ない事がなんといっても一番の強みでしょう。

不景気に強く、そして年齢を問わないで、長く働くことができる、そうした薬剤師の仕事に魅力を感じて、薬剤師になりたいと望む若者が増えています。そうなるとこんどは供給過剰になることも懸念されますので、それまでに自分のポジションをしっかり固めておくこと、自分に変わる人材がないことをよく示しておくことも必要です。

当然、薬剤師の免許があるので、独立の道も考えたくなりますが、テナントを借りることや準備で、数千万のお金がかかり、また最近のドラッグストア、薬局の多さをみるとなかなか競争も激しいのでいまは独立というのはあまり勧められる時期ではありません。

資本力があるドラッグストア、大量仕入れ体制の価格競争は小売店ではとても太刀打ちできるものではないからです。もし、もともとの基盤があって、コストをそうかけることもなく、店舗を開く事ができるというのなら話は別ですし、病院のすぐ隣や向かい側に開店できるというのなら話はまた別ですが、この御時世ですから、独立もそうとうに用意周到にしないと成功することは難しいのではないででしょうか。

そうした状況のなかで、より薬局としての個別化をはかることができたら、それなりに勝算がありますが、そうでない場合、公務員や民間の大企業に勤めていたほうが確実に年収を伸ばすことができます。しっかりと平均年収くらいは貰えるようになるように、着々と努力して仕事に励んでください。

※年齢別の給料を詳しく見る
20代 / 30代 / 40代 / 50代

薬剤師の給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2012 薬剤師の給料アップ大作戦