薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

20代の薬剤師給料

※薬剤師転職サイトランキングを見る

20代の薬剤師は、大学を卒業して社会人としての基礎固めの大切な時期です。薬剤師の国家試験合格して、調剤薬局・ドラッグストア・病院・製薬会社などに就職します。国家試験合格した薬剤師の半数は、病院薬剤師を希望しているということです。しかし、定員があるので全員が希望通り病院へ就職できる訳ではありません。それぞれの就業場所には良い面も悪い面もありますので、単純にどうこう言うことはできません。

20代の薬剤師の給与水準は低空飛行です。これは薬剤師に限ったことではありませんが、年齢とともに急カーブを描いて上昇します。20代は独身者が多く、生活費などはそれほど掛からいので、お金を貯めようと思えば貯まります。調剤薬局・ドラッグストア・病院など、どの就業場所でも単身寮が用意されていますので、そこに住めば住居費が安く済むなどのメリットがあります。

それでは20代薬剤師が働く各業態の給料はどのような状況でしょうか?まず、大手の調剤薬局は全国に展開しています。意外にも、空白地帯にある調剤薬局の方が良い給料を期待することできます。新人薬剤師頃は年収300万円ほどでスタートしますが、20代後半のなると400万円を超えます。調剤薬局によっては軽く平均年収が500万円強のところも目立ちはじめます。

ドラッグストアは人手不足の企業が多く、高い賃金を得ることができることで知られています。ドラッグストアの場合、20代前半では他の業態同様、年収300万円超える程度ですが、30代近くになると500万円超えるところはざらにあります。ただ、ドラッグストアの薬剤師といえども、一般の販売スタッフと同じ仕事をしなければならず、体力的にきついこともしばしばです。

病院薬剤師は、民間病院・国公立病院ともに20代後半でも300万〜400万円前後が多いようです。国公立病院は公務員のため、その後は昇給により高給が望めます。新卒から数年経つと転職を考える薬剤師が出てきます。各業態とも就業場所により給与格差があります。年齢が上がるにつれて格差は広がります。転職の際は給料を最重要視することが大切になります。

薬剤師転職エージェントを利用すれば、よりよい就業先を見つけることができます。薬剤師は全体的に人手不足とされていますが、これからは供給過剰の時代になるとされています。20代の内に、定年まで働ける職場を探してみてはいかがでしょうか。薬剤師転職エージェントはその手助けをしてくれます。

薬剤師の給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦