薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

40代の薬剤師給料

※薬剤師転職サイトランキングを見る

サラリーマンの40代は結婚して、子供が大きく成長し一段落できる時です。30代は結婚・子育てにより、仕事とのストレスが重なる時期で何かと疲れることもよくあります。薬剤師給料にも同じことが言えます。40代薬剤師になると管理職が多く、職場では部下の指導などで頭を抱えることが少なくありません。

継続して薬剤師を続けていれば、大学を卒業して20年を経過する時期です。中堅薬剤師からベテラン薬剤師になり、あらゆることに対応できる年代でもあります。家庭では、30〜40代でマイホームを購入する人が多く、ローンの返済のためがんばって働く薬剤師はたくさんいます。40代薬剤師は働き盛りで収入も多くもらえる時期です。サラリーマンの平均年収のピークは50代前半です。ただ、企業により40代がピークになるところもあります。

薬剤師の平均年収のピークも40代〜50代前半ぐらいです。薬剤師の勤め先でもっとも良い給与先は大手の製薬会社です。職種によりますが、40代では軽く1000万円を超えています。それでは一般的な40代薬剤師の平均年収は、男性薬剤師が40代前半で約670万円、後半では約710万円ほどになっています。あくまでも平均であって、役職などがつくと所得はもっと増えます。

薬剤師の世界で給与水準が良いとされるドラッグストアでは、40代薬剤師給料になると多くが店長クラスになり、年収は800万円ほどになります。調剤薬局・ドラッグストアなど各チェーンにより給与格差はあるものの、40代後半で平均年収のピークにあたるため、薬剤師として最高潮に達すいる時期でもあります。転職者は30代くらいが多いですが、40代になってからの転職も薬剤師には目が付きます。

薬剤師はサラリーマンと違い、国家資格があれば就業できるので転職が容易です。40代以降もキャリアアップのため、新しい分野のために、新たな場所でチャレンジを目指す薬剤師はいます。

しかし、自分で転職先を探すのは難しいことです。そのような時に役立つのが薬剤師転職エージェントです。40代からの転職でも経験豊富なプロのカウンセラー(コンサルタント)が、親身になって相談に乗ってくれます。40代で転職することはとても勇気がいることです。そのような不安もコンサルタントがすべて受け止めてくれます。多少でも転職を考えている薬剤師の方は、ぜひとも薬剤師転職エージェントを利用してほしいものです。

薬剤師の給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦