薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

50代の薬剤師給料

※薬剤師転職サイトランキングを見る

50代前半で平均年収のピークを迎える労働者は多いです。50代になると家庭では、子供が独立し、夫婦2人の生活をスタートさせる人も少なくありません。購入した住宅はローンが残っており、退職金で一括返済の予定です。

50代薬剤師も勤めてきた職場の残り就業年数は終盤を迎え、ラストスパートの時期に差し掛かります。50代の薬剤師は各職場で管理職になっています。管理職として職場のマネージメントを行い、ストレスが絶えない日々を過ごします。サラリーマンの世界では定年の延長が問題になっています。年金の支給が先延ばしされ、そのつなぎとして定年を延長しようとしてるのです。60歳で定年を迎えても、その後新たな職場で働き続ける(パート・アルバイト)シニアの方々は多くいます。60代以降も元気で、生涯現役を目指す熟年世代は本当にたくさんいるのです。

ただ、企業が定年を延長すれば、若い世代にしわ寄せが出るのではないかとの指摘があります。これは薬剤師世界にも当てはまります。50歳前後で平均年収のピークになります。調剤薬局やドラッグストアでは、年収700〜800万円が相場のようです。一般的なサラリーマンと比べても見劣りしない金額です。

国公立の病院に勤める薬剤師はかなりの高額になります。公務員はスタート時は少ないものの、年齢とともに昇給していき50代になると年収のピークに入ります。また、退職金が多いのも公務員薬剤師の魅力です。年金も共済組合の加入でき安心した老後を過ごせるのが特徴です。国公立病院の薬剤師は、50代からがほんとの意味で憧れる存在になるのかもしれません。もっとも給与水準がよい製薬会社の薬剤師は、役職がつくと世間からは羨ましがられる高給になっています。

50代からの薬剤師転職事情はいかかがな状況でしょうか?50代になって転職する薬剤師はもちろんいます。薬剤師は国家資格があれば就業できるので転職が容易です。女性薬剤師は一旦、結婚・出産して現場から離れる人が少なくありません。復職を考えてもブランクが長くなれば躊躇してしまうのが現状です。現代の女性はいくつになっても働きたいとの願望があります。50代になったからといって復職を諦めることはありません。

薬剤師転職エージェントならブランクがある女性薬剤師にも対応することができます。ブランクのある薬剤師にも研修制度が充実しているドラッグストアは多くあります。薬剤師の人手不足の今だからチャンスは広がるのです。復職・転職を検討中の薬剤師の方は、是非とも薬剤師転職エージェントをご利用ください。

薬剤師の給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦