薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

地域別の薬剤師年収

※薬剤師転職サイトランキングを見る

医師でも薬剤師でも、どのような団体に所属して、そして公務員であるか、民間で働いているのかで、かなり年収が違って来ることは明らかです。

そしてその年収も都市部と地方で地域格差があります。病院で働く場合は、私立病院で地方病院の場合は、むしろ給料が高い場合もありますが、薬剤師として調剤薬局やドラッグストアなどに勤める場合は、その地方の物価にあわせて時給も、給料も低くなる可能性は否定できないです。でもそうした地域、地方では、そのほかの物価も安いので、他の仕事に比べたら、きっとお給料がよい仕事に入ることでしょう。

また、もし企業の研究室が敷地が広くとれる地方にある場合、その企業で研究職として働いている薬剤師は、都市部と変わらない、もしくは都市部以上のお給料を貰っているので、必ずしも地方の給料が都市部に比べて安いともいいきれない部分もあります。

薬剤師の年収といってもどのような職務につくか、そしてどういった団体、もし公立の病院で働いているとしても、いまは民間から派遣として入っている事も多いので、直接雇用でないときは、その民間の会社に雇われているという型式になるので、公務員とはまた違うのです。そうした状況を鑑みるにしても、それぞれの雇用形態で、それぞれ特徴があるし、より地方にいったほうが時間の流れがゆっくりしていて、地域密着型ということができます。

地方では当然お年寄りも多いことなので、世話好きで、しっかりと人と会話ができる人が地方の薬剤師としては向いているかもしれません。都会のめまぐるしくてお客さんの多い調剤薬局やドラッグストアで働くのも結構ですが、地元の自宅から近いところで、マイペースであまり給料のことは考えず、のんびり働くのも悪くないでしょう。実際には給料では買うことができない仕事の面白さや、かけがえのない人間関係がそこではあるかもしれないので、ときにはそれぞれの地域、地元に立ち返ってそこでできる仕事はないかどうか探してみてはいかがでしょう。

毎日長い時間をかけて通勤する事のストレスがなくなっただけで、かなり時間を有意義に、そして自分らしく働くことができるようになるでしょう。地域密着型で働くのも年齢を重ねてくると悪くないことでしょう。地域で働き出して初めて、地元のよさとか、薬剤師としての仕事にやりがいを感じる様になるかもしれません。お給料だけが仕事の価値判断でもないはずです。もういちど自分はどんな仕事をしたいのか、また薬剤師としてどのように働きたいのかを自分に問うてみてください。

全国の求人を掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦