薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

薬剤師転職で給料を上げよう!

※薬剤師転職サイトランキングを見る

薬剤師の年収について見ていくと、全体の平均は500万円前後となっています。これは一般的なサラリーマンの平均年収と同じか、やや高めと言っていいでしょう。しかし、これはあくまで平均です。勤務場所によってはこれ以下になることもありますし、さらに高い給料をもらうこともできます。では、給料を上げるにはどうすればいいでしょうか。方法の一つとして言えるのは転職です。特に、スキルや経験が豊富でありながら、それに見合った給料を貰っていないという人は、職場を変えるだけですぐに年収がアップする人も少なくありません。

例えば、同じ職場で収入をアップさせるには、部署を変えたり、あるいは昇進して役職手当を貰う方法があります。しかし、それは自分でコントロールできませんし、時間も非常にかかります。また、年齢が上の方を見れば、その職場で頑張っても収入の上限がある程度見えてきてしまうものです。特に、優秀な人がそれに見合った収入を得ていない職場は問題があると言えます。より自分の能力をしっかり評価し、それを収入に反映してくれる職場を探した方がいいでしょう。

例えば、薬剤師の年収について見ていくと、病院勤務ならば初任給は年で350万円ほどとなっています。現在資格取得の過程が6年制になり、新卒の時点で24歳くらいになっています。そこからもちろん収入は上がっていきますが、スタートが遅いこともあって、着実に収入が上がって行く職場を選びたいところです。ここで一つおすすめしたいのは、ドラッグストアでの勤務です。ここでは数年で店長になることもでき、年収にすると700万円を超えてきます。手っ取り早く新卒数年でたくさん稼ぎたいという場合には、おすすめできる職場と言えます。

他にも、職場を変えることで収入を上げるとしたら、例えば製薬会社での勤務があります。製薬会社では企業のサラリーマンになり、もちろん、資格を生かした専門職につきますが、社員の待遇を受けられ、専門職の手当もつき、収入も高めになります。たとえばMRとして採用されることもあるでしょう。これが大手企業であれば、成績にもよりますが年収1000万円を目指すこともできます。他にも、製薬会社で薬の開発や研究、検査などに携わることもできます。薬剤師のあらゆる職場の中でも最もキャリアが高く、収入も望める職場です。高い目標として、まずは製薬会社での勤務を視野に入れて、自分の就職先を考えていくのもいいのではないでしょうか。

薬剤師の給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2012 薬剤師の給料アップ大作戦