薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

調剤薬局で働く薬剤師の給料相場をご紹介!

※薬剤師転職サイトランキングを見る

調剤薬局は、病院からの処方箋をだしたり、そのお薬の飲み方を説明したりして、患者さんにそのお薬のことをしっかり知ってもらう為に働く仕事です。
当然病院の近くにあったりして、その病院からの紹介をうけて利用することがあります。地理的な条件に左右される事が多く、やはり病院のすぐそばにあったりすれば、それだけ利用者が多いことが予想されますが、最近では、ドラッグストアの件数が急激に増えてきたので、個人の調剤薬局では、よほど地理的な条件が整っていたり、わかりやすい場所にあるなどの特徴がないとなかなか生き残っていくことは大変なのです。

もともと調剤薬局を親が経営していて、そのままの形で引き継ぐ場合も、または独立開業する場合もそれなりに競争の激しい職種になりますから、独自性を売りにしていくことが大切ですし、もともとそうした基盤がある以外で、自ら初期投資をして独立開業することはリスクが高くなります。

資本力や、もしくは資金力で勝った全国展開のドラッグストアとは価格的な面や、営業時間の面でも大きく差をつけられることがあり、自分が経営者でなくてもその将来は楽観視できません。従業員であったら、働き場所を変えるだけでいいのですが、経営者ともなるとそうもいきません。

薬局、ドラッグストア戦争といわれるくらいの状況のなかで、個人の調剤薬局として、将来的にもきちんと需要があると思われるところに勤めることが大事です。薬剤師として調剤薬局に勤めるとしても、そう好条件が望めるわけではなく、やはり薬剤師の年収の500万円くらいが相場になるでしょう。

しかしながら、大資本の規律に縛られることなく、割にその経営者次第で自由に働けるということは、働きやすさにもつながり、あながち悪い職場ともいえません。慣れてきて、その職場の雰囲気に慣れれば、よりアットホームなところがその職場の持ち味、つまり居心地がいいことが最大の美点になるかもしれません。職場を選ぶのは必ずしも給料基準だけではないはずで、こうした環境も考慮することが長く一つの仕事を続けるコツともいえます。

それでも長く働くことで、それなりのキャリアを積めば、お給料も悪くないし、場合によってはパート、アルバイトでそうした調剤薬局の仕事をすることもできるので、職場の選択としてはよい場合もあります。自宅から近ければ通勤も楽ですし、もし子供になにかあったとしても、正社員ではなく、パート勤務であったら、子供のことを気にかけながら、なおかつしっかりと専門職としてのお給料を得ることができるでしょう。時給換算しても悪くありません。

調剤薬局別の薬剤師の給料!

※薬剤師転職サイトランキングを見る

ファーコスで働く薬剤師の給料相場
日本調剤で働く薬剤師の給料相場
総合メディカルで働く薬剤師の給料相場
クオールで働く薬剤師の給料相場

調剤薬局の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2012 薬剤師の給料アップ大作戦