薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

日本調剤で働く薬剤師の給料相場!

※薬剤師転職サイトランキングを見る

日本調剤は調剤薬局を展開している企業としては大手の部類に入る企業です。安定して働く事ができ、薬剤師の収入も平均よりも若干高めの水準となっています。薬剤師の全国的な平均給料は30歳前後で500万円となっていますが、日本調剤では平均で34歳で540万円となっており、薬剤師の全国的な平均水準よりも若干高めと言えます。大手の調剤薬局なので経営基盤も安定しており、整った環境の中で働いていく事ができ、それに見合った収入も得ていく事ができます。

日本調剤は順調に拡大を続けていて、約10年前の平成17年のデータでは薬剤師の平均給料は460万円となっており、若干低めの水準でした。そこから10年で徐々に平均年収は上がって、現在は上記の金額となっています。今後も上がっていく可能性は十分あると言え、将来性も面でも期待ができる企業です。ただし、もちろん何もせずにこうした収入アップが期待できる訳ではなく、仕事の中で薬剤師としての役割を発揮し、職場に貢献していく事が大切になります。

まずは薬剤師としての一通りのスキルを身に付け、スキルが身に付いた方は管理薬剤師として仕事をしていく事になります。日本調剤は平成26年現在、日本で唯一日本の全都道府県に調剤薬局を展開している企業です。全国に460店舗以上を展開しており、まずはその店舗の管理薬剤師として仕事を行います。そこからさらに経験を積むと都道府県の調剤薬局、各エリアのマネジメントなど、仕事の幅が広がっていきます。

こうした管理薬剤師になると年収もアップしていきますが、管理薬剤師としては年収650万円というデータがあります。40歳で600万円、45歳で650万円というイメージですが、あなたのスキルや経験によってはこれ以上になる可能性もあります。日本調剤では大手の調剤薬局として様々なステージの薬剤師の方に対応できるような仕事があるので、今後のキャリアを作っていく上でもとても良い職場と言えます。

求人募集は転職サイトで募集されていますが、一般的な薬剤師の求人については公開されていますが、役職の高い管理薬剤師の求人などは非公開求人として扱われ、限定的に募集がされる場合もあります。経験などが十分あると考えている方は、こうした非公開求人として取り扱いがないか転職サイトのアドバイザーの方に相談してみると良いでしょう。アドバイザーの方はその他の質問や悩みの相談にも乗ってくれるため、上手く活用する事で転職活動もスムーズになります。

日本調剤の求人を探すならココ!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦