薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

病院で働く薬剤師の給料相場をご紹介!

※薬剤師転職サイトランキングを見る

薬剤師のお給料といっても、その勤め先によってその収入は大きく違うということは予想がつきそうです。もちろん年齢や経験年数によってもその給料、年収は大きく違いますが、一般的には、病院勤務であっても、一般のサラリーマンとそう大きく年収が変わることはなさそうです。

専門職なので、その分薬剤師の仕事は安定していそうですが、最近懸念されているようにもし将来的に薬剤師の過剰が起きてしまったら、たとえベテランでも競争はきびしいものがありそうです。実家が調剤薬局などの場合は、最終的には実家に戻ることもできますが、もし病院勤めを続ける場合、条件のよいところに勤めることがなによりも大事になってくるでしょう。

病院勤務だとしても、それが国立病院なのか、県立、市立なのか、または私立の病院なのかでその待遇、もちろん給料なども違うでしょう。そして都市部にある病院と、地方にある病院などの格差なども多少はあるでしょうか。

すでにアルバイトなどで働いたり、また就職活動を始めた人、すでに社会で働いている先輩などのアドバイスを参考にしてより条件のよい病院を、そして環境がよくて長く勤めることができるところに就職したいのは、どんな人でも同じです。薬学部に通って、それなりに自分に投資してきて、またせっかく国家資格まで取ったのですから、当然大変なことは沢山あったでしょう。

その勉強の量や、投資コストに見合った就職口を見つけたいと思っても当然ですし、むしろ頑張った人なら、より良い環境のなかで自分の可能性を伸ばしたい、やりがいがあるところに勤めたいと思うことでしょう。

最近の転職ブームもあって、より良い話があったら転職を考えるのが一つの方法ですが、まずはプロとして通用するようになるまでは何年か病院で薬剤師としてのキャリアを積んだ方が、実際には転職市場でも評価が高く、次の仕事が決まりやすいのです。ですから安易に転職を繰り返すよりも、最初の数年は、しっかり病院などに勤めて、自分の市場価値を高めることに努力してみてはいかがでしょうか。経験があれば、転職先でも即戦力として認められ、給料も納得できるレベルでの契約になることが多いと思います。

自分で自分の市場価値、転職レベルを見極めて、それなりに通用するレベルになったら、より貪欲にお給料の高いところへ転職を考えてもいいでしょう。実力が伴わないうちに転職したところで、先は見えてしまいますので、転職というのは慎重にするべきです。最近はどのような職業でもすぐに辞める若者が多いと言いますが、自分の将来の為に数年は転職を控えるようにしましょう。

有名病院の薬剤師給料事情

※薬剤師転職サイトランキングを見る

横浜総合病院 三井記念病院 聖路加国際病院

病院薬剤師の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2012 薬剤師の給料アップ大作戦