薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

横浜市立市民病院で働く薬剤師の給料相場と求人事情

※薬剤師転職サイトランキングを見る

横浜市立市民病院で常勤という形で働く薬剤師は、横浜市の職員ということになり、公務員として採用されることになります。そのため、病院が定める基準によって給料が決まるわけではなく、横浜市の公務員規定によって決定されます。公務員の給料は初任給を始め、毎月の固定給は民間病院で働くよりも低い額となります。しかし、ボーナス退職金の支給基準は高く、トータルの年収はさほど低い水準ではありません。また、毎年確実に昇給がなされますので、勤務を続ければ続けるほど収入がアップしていきます。昇給の割合も民間病院より高いことが多いので、長年勤続をしていると、年収が平均以上となるケースもあります。

こうしたことから、横浜市立市民病院で働く薬剤師の給料は、勤続年数によってだいぶ異なりますが、約400万円というのが一般的な例となります。給料は平気的な水準ですが、やはり福利厚生の充実度合いや雇用の安定というメリットがあります。福利厚生は公務員という扱いになりますので、健康保険や年金制度を有利なものにすることができます。また、長期休暇の制度も充実していますので、出産や子育てなどの家庭の事情によって長期休暇を取らなくてはならない時にとても助かります。薬剤師は、専門職の中では女性の割合がとても多い職業ですので、こうした制度の恩恵にあずかれるというのは、とてもメリットが大きいでしょう。

また、雇用の安定は安心して仕事に集中するためにとても重要な要素です。横浜市立市民病院で働くことによって、横浜市からの雇用ということになりますので、民間病院にありがちな業績不振によって、ボーナスがカットされたり昇給が見送られたりという心配をすることがありません。また、自分のスキルを用いてリストラの心配をすることなく働き続けられますので、家庭を養うという面でも利点が大きいでしょう。

このように横浜市立市民病院で働く薬剤師は、雇用面での大きなメリットを持っていますが、その分たくさんの応募者があり、競争が激しくなる傾向にあります。採用に際しては、筆記テストと論文、面接があります。一般教養の他に専門的な知識を問う試験も実施されますので、しっかりと対策を練っておきましょう。この試験の成績次第で採用の結果が大きく変わりますので、時間をかけて前もって試験勉強をしておくことが肝心です。他の人と差をつけて採用を勝ち取れるように、試験対策をきちんとして臨みましょう。

横浜市立市民病院の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦