薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

管理薬剤師の給料相場をご紹介!

※薬剤師転職サイトランキングを見る

管理薬剤師の仕事は、調剤薬局、店舗などで必ず一人置く事が義務づけられている薬剤師を管理する人のことです。つまりその場の責任者ということであって、経営者と同等、ときにはそれ以上の責任を持つ事になります。

店舗でいうと、ドラッグストアでいうところの店長クラスになります。ですから、当然他の薬剤師よりは高いお給料を貰うことになりますが、それに比例するように責任も重くなっているものです。

例えば、薬品を製造、管理しなければならない製造業では、その責務はより重いといわれていて、工場長よりも立場が上になるそうです。薬という物は一つ判断を間違えれば、人の命を奪ってしまいますし、当然のことですが工場などではずさんな取り扱いや災害時には大事故、大惨事を招くことにもなりかねないですから、常日頃から薬品の取り扱いには厳重な注意が必要なのはいうまでもありません。そうした責務を負うのですから、より薬学に関しての十分な、そして専門的な知識が必要になってくるのは当然のことでしょう。

管理薬剤師になるにはキャリアを積んで、十分な実績と、薬学についての広範囲で専門的な知識だけではなく、その店舗や工場についてよく把握し、ときには薬剤師のまとめ役、責任者的な役割も担わないといけません。

管理薬剤師はこのように普通の薬剤師よりも責任が重く、必要とされるスキルも高く、場合によっては多岐に渡ることがあるので、会社側としても特別な手当を出す事が多く、そうなると当然普通の薬剤師よりはお給料のほうがよくなるの当然のことだということができるでしょう。

管理薬剤師の仕事は転職の際でも、それだけのキャリアがあるか、いままでも管理薬剤師の経験があるかどうかを問われることがあります。せっかくのキャリアをムダにしないように、転職の際には、転職エージェントを利用することがよい転職のコツでしょうか。ある程度職歴がある人、特別な任務についたことがある、管理薬剤師の経験がある人なら、そのキャリアを活かして転職を成功させましょう。

もし普通の薬剤師から、管理薬剤師になるようなオファーが合った場合は、その責任が重くなることから、悩んでしまうかもしれません。でもせっかくの給料アップ、ポジションのアップのチャンスになりますので、自分の実力がそれなりに伴っている、もしくは人のすすめがあるのであれば、チャレンジしてもいいのではないでしょうか。チャンスというのは、そう何度も巡って来るものではないですから。管理薬剤師になることの責任とともに、それだけ会社から評価されていることを誇りに思って下さい。

管理薬剤師の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2012 薬剤師の給料アップ大作戦