薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

アルバイトの平均時給

※薬剤師転職サイトランキングを見る

アルバイトでも、パートでも割に高時給という事で、薬剤師の仕事を選ぶ人がかなりいるでしょう。というのも薬剤師という仕事は現在では女性の割合が多く、男性よりも女性が取得することが多い仕事になっているのです。

その一番の要素は、結婚しても、子供ができても専門職として仕事を見つける事が容易いし、その上、場合によっては薬剤師という資格を活かして、パート勤務、もしくはアルバイト勤務も可能だということに尽きるでしょう。

薬剤師としてかなりの給料をとるには、企業に就職するのが一番いいのですが、薬剤師のなかでも人気があって、高給が保証されている企業の研究職などはかなり狭き門で、コネなどがないと入ることができないといわれています。

ましてや最近の大学薬学部開設の多さは、将来、薬剤師が過剰になり、薬剤師の働く場所がなくなるのではないかと懸念されているほどです。現在では全国に林立するチェーンストアのドラッグストアで薬剤師のポストを沢山募集しているので、需要と供給のバランスがとれていますし、薬剤師の免許をもっているとしても必ずしもいま働いている人や、またその免許を活かして働いている人ばかりではないのではっきりいうことはできませんが、正社員よりもこうしたアルバイト、パートで薬剤師として働いている人がかなりいるので、バランスが取れているところもあるのでしょう。

最近のドラッグストアや調剤薬局の多さは目を見張るものがあり、近所に2、3社ドラッグストアの店舗があり、その上すこし足を伸ばしてショッピングモールにいけば、そこで大口の郊外型店舗ガありと言った感じで、相当の数の度ドラッグストアを見つけることができます。それだけ数があれば、従業員もいるし、なるべく家庭のことを気遣いつつ、アルバイト勤務を続けることは可能でしょう。

しかしながら、こうしたドラッグストアや、病院、もしくは様々な場所で活躍する薬剤師も将来的にはより多くの給料を得る為に正社員のポジションに転職したいと思う様になるかもしれません。そのようなときに、そうしたアルバイトでの経験でも、仕事を続けていたことが、転職への大きなステップ、職歴として認められる事が多いでしょう。

結婚して子供を産んで、完全に家庭におさまって、夫のため、また家族のために尽くすのもまた一つの生き方ですが、最近では終身雇用制度が崩れてきて、男性でも女性でもいつリストラにあうか分からないような曖昧な状況のなか、働いている人が多いでしょう。そんなときに妻が、もしくは夫が薬剤師資格をもっていていざというときは職場復帰する、または高給を得ることが夢ではなくなります。より専門分野に強いとか、スペシャリティがあれば、より転職市場で自分を高く売ることができます。

バイトの求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦