薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

アステラス製薬で働く薬剤師の給料やボーナス相場

※薬剤師転職サイトランキングを見る

アステラス製薬は、東京都中央区に本社のある製薬会社で、設立は1939年です。5,800人を超える社員を抱えており、平均年齢は41.3歳、平均勤続年数は16.2年となっています。大卒の初任給が22万円で、平均年収は1014万円と、医薬品業界内でも相対的に高くなっています。ボーナスも高く、30歳で136万円、40歳で188万円、50歳になると239万円にまでなります。転職を行う理由の一つとして、年収のアップがありますが、その観点から言っても、アステラス製薬はとても魅力のある転職希望先と言えます。

アステラス製薬では、医薬品の分析研究や製剤技術、製薬技術などの研究の職種から、医薬品開発などの開発業務、品質管理や工務管理などの生産部門、販売促進やMRなどの部門、そして、経営企画や人事、総務、庶務、経理財務など一般企業などにも含まれる部門などがあります。あなたが、これらのどの部門で働きたいと考えるのか、自分の薬剤師としてのキャリアを活用してどのようにアステラス製薬で働きたいと考えるのか、転職活動を行う前に一度じっくりと考えるようにしましょう。

もしあなたが薬剤師の国家資格を取得しておらず、それでもアステラス製薬で働きたいのであれば、総務や人事、経営企画、あるいは経理財務などの間接部門をターゲットに転職活動を進めることをおすすめします。もちろん、アステラス製薬は大手の製薬会社であり、研究部門や生産部門、営業・販売促進部門においても新人のための導入研修プログラムが整備されていますが、ポテンシャル枠での採用となると、30代前半程度にまで年齢が限定されるといった条件が付与されるのが一般的です。一方、間接部門であればその人のやる気やモチベーションの高さにもとづいて採用に関する評価を行う傾向がありますので、転職活動も相対的にスムーズになると言えます。

すでに薬剤師として仕事をしてきた経緯があるのであれば、今後どのようなフィールドで働いていきたいのかを明確にしておきましょう。研究部門なのか、生産部門なのか、あるいは営業部門なのかによって、働き方は違ってきます。多くの人とコミュニケーションを取りながら働きたいのであれば、MRなど外部のクライアントと交渉を進めていくポジションがいいでしょう。あるいは、新薬を生み出す最前線で働きたいのであれば、研究部門を選択したり、あるいは、最近注目されている臨床開発部門に手を挙げてみるのもいいかもしれません。

製薬会社の薬剤師求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦