薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

中外製薬で働く薬剤師の給料やボーナス相場

※薬剤師転職サイトランキングを見る

中外製薬は、東京都日本橋に本社を持つ製薬会社です。創立は1943年、現在では5,000人近くの人が働いています。平均年齢は41.1歳で平均勤続年数は15.5年、平均年収は927万円となっています。大卒での初任給は22万円で、毎年数十人程度のキャリア採用も行っています。ボーナスの相場は、30歳で125万円、40歳で173万円、そして50歳で219万円と高額で、収入面ではとても恵まれた環境となっていることがわかります。

中外製薬への転職活動をよりスムーズに進めるにあたっては、自分のこれまでのキャリアがどのように活かすことができるのか、客観的に評価をしておくようにしましょう。中外製薬では、臨床開発、創薬業務を行うポジションや、自社の医薬品をマーケットに投入するMRのポジションなど、医薬品に関するさまざまなフィールドで中途採用を行っています。それぞれに特徴がありますし、求めている人材のカラーもそれぞれ違ってきますので、薬剤師としての自分の実績がどこにもっとも当てはまるのか、客観的に考える時間を設けましょう。

中外製薬では、薬剤師としてのキャリアが浅い若手や、薬剤師として働いた経験のない未経験者についても、採用活動を行っています。いわゆるポテンシャル採用と呼ばれるもので、こういった枠内での採用となると、どうしても30代前半程度までと年齢に制限が設けられる傾向にありますが、あなたのやる気やモチベーションの高さに従って、医薬品業界へのデビューを果たすことも不可能ではありません。

中外製薬に限らず、製薬会社では海外から輸入した医薬品や化合物などを取り扱う機会が多く、通常業務で英語などの外国語を目にすることが少なくありません。なかでも、臨床開発やMRの分野では、海外のお客様とのコミュニケーションを行う機会が多く、英語のスキルが求められる場合があります。中外製薬などの大手の製薬会社では、海外のクライアントとの取引が多くありますし、今後ますます海外のマーケットに自社の医薬品を投入する傾向にもあり、語学力は今後さらに必要とされるでしょう。

加えて、最近より注目されるようになってきたのが臨床開発モニターです。CRAとも呼ばれており、新薬の開発の最終段階において、実際の患者に投与をして、適正量がどの程度なのかを調べたり、副作用などの症状の有無についてチェックをしたりします。医薬品業界では今後新薬の開発競争がますます激しくなりますので、CRAの活躍する場面がもっと増えると言われています。

製薬会社の薬剤師求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦