薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

キョーリン製薬で働く薬剤師の給料やボーナス相場

※薬剤師転職サイトランキングを見る

キョーリン製薬ホールディングスの平均年収は980万円となっています。製薬会社業界のなかでも、年収の高さで知られている会社で、平均年齢は43.6歳、平均勤続年数は18年程度となっています。大卒の初任給の平均が22万円程度で、ボーナスは30歳で131万円、40歳で181万円、50歳になると229万円ととても高額になっています。キョーリン製薬というブランドがあるだけでなく、収入面においてもとても充実しているため、薬剤師の資格を持った方々の転職候補先としては常に高い人気のある製薬会社です。

キョーリン製薬では、毎年さまざまな新薬を世の中に提供しています。ドラッグストアなどで購入することのできる市販の医薬品だけでなく、病院など専門性の高い施設で取り扱うような新薬に至るまで、バラエティに富んだラインナップを提供しており、数多くの病気に悩んでいる患者一人ひとりが1日でも早く病気から解放されるように、企業をあげて努力を行っています。

そのため、キョーリン製薬ホールディングスの求人案件のなかには、MRや医薬品の開発、研究から、臨床開発モニターまで、医薬品に関わるさまざまなフィールドが含まれています。なかでも、最近注目をされているのが臨床開発モニター、つまりCRAです。CRAは製薬会社サイドの担当として、臨床検査を行う病院とのコーディネートを行います。決められたプロトコルに従って治験業務が遂行されているのかをモニタリングをし、治験業務がすべて終了した段階で、データをとりまとめて厚生労働省に提出し、新薬誕生のための認可を得るところまでをカバーします。

一人のCRAで治験業務を依頼するいくつかの病院を担当し、定期的にモニタリングを行うことになりますので、全国各地への出張が比較的多く、とてもやりがいのある仕事です。そのため、同じ年代、キャリアの同僚のなかでも、CRAとして働いていると相対的に収入が多いという傾向もあり、薬剤師の資格を持った転職先としては、最近特に人気を集めています。

最近では、日本国内だけでなく、海外の製薬会社も積極的に日本のマーケットへの参入を行っています。そのため、キョーリン製薬ホールディングスにおいても、東南アジアを中心とした海外のマーケットへの参入を果たすべく、MRやCRAをはじめとして、社内の有能なスタッフの多くを海外へと送り出し、マーケットのシェア拡大のために積極的に働きかけを行っています。

製薬会社の薬剤師求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦