薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

小野薬品工業で働く薬剤師の給料やボーナス相場

※薬剤師転職サイトランキングを見る

小野薬品工業は大阪に本社を持つ製薬会社で、平均年収は873万円程度となっています。社員の平均年齢は40.1歳で平均勤続年数は15.9年、2600人以上の社員が働いています。ボーナスは月収の4ヶ月程度で、製薬業界に数ある企業のなかでも、年収においては比較的高く、薬剤師の転職先としても人気の企業の一つとなっています。

小野薬品工業への転職活動を成功させるためには、これまでの自分のキャリアをどのように活用するのかをきちんとイメージしておくようにしましょう。薬剤師として調剤薬局で働いてきたのか、あるいは、病院薬剤師としてチーム医療の一員として働いてきたのか、などあなた自身の経験によって、面接の際にアピールするポイントは変わりますし、どのフィールドへの転職を希望するのかも異なります。

薬剤師の資格はあるけれど、それほど長い期間働いた経験がないというのであれば、まずはMRとして働くというのもいいでしょう。MRとは製薬会社における営業マンとして働くポジションで、小野薬品工業の製造している医薬品の数々を、付き合いのある病院の担当者に宣伝するなど、営業活動を行う仕事です。MRとして働くなかで、自社の医薬品についての知識を身につけることができますし、その時々の医療業界のニーズやトレンドを実感することができます。

小野薬品工業では、もちろん新薬の研究や開発を行う部門もあり、人気のある転職先ともなっています。ただし、研究や開発というと白衣を着て試験管などに囲まれながら毎日を過ごすというイメージがありますが、それだけではありません。新薬を世の中に出すには、どうしても実際の患者を使って臨床試験を行わなければなりません。それを治験と呼びますが、小野薬品工業では、治験を専門にコーディネートする人材も募集しています。

治験のコーディネートをするポジションを、臨床開発、あるいはCRAと呼んでいますが、このポジションでは、実際に治験を実施する病院と細かなコミュニケーションを取りながら、臨床試験が適切に行われるようにモニタリングを行います。実際の患者とコミュニケーションを取ることはなく、病院の担当者と綿密な打ち合わせを行いながら、決められたプロトコル通りに治験が進行するように気を配ります。医療の進歩に従ってさまざまな医薬品が開発される昨今、臨床開発の仕事は今後もますます増加していくと言われています。

このように、小野薬品工業では医薬品の分野を支えるさまざまなポジションの人材を募集しています。

製薬会社の薬剤師求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦