薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

シンバイオ製薬で働く薬剤師の給料やボーナス相場

※薬剤師転職サイトランキングを見る

シンバイオ製薬は、東京都港区に本社があり、設立は2005年と比較的新しい製薬会社です。従業員数は70名程度で、当然ながら平均勤続年数も4年程度ではありますが、平均年収は1,087万円と高く、製薬業界においても上位に位置している、注目の企業の一つです。給与モデルとしては、30歳で年収が759万円に対し、ボーナスが132万円、40歳では年収951万円でボーナス182万円、そして50歳になると年収1,113万円に対してボーナスが231万円となっています。一般的な企業においては、昨今の不況の影響もあってなかなか基本給をアップすることを控えているところが多い傾向にありますが、シンバイオ製薬では、積極的にベースアップを行うことで、社員のモチベーションを上げることに注力しています。

シンバイオ製薬では、臨床開発を中心に、最新の医薬品の製造と流通という分野に絞って事業を進めています。そのため、臨床開発部は第3部まであるなど、会社の組織においても臨床開発分野への積極性を伺える図式となっています。ほかには、マーケティング部や事業開発部などの販売促進部門、生産物流部といった生産管理部門、そして法務部や総務部、人事部などの間接部門などが集まって、一つの企業体を形成しています。

臨床開発というフィールドは、今後の医薬品業界においてももっとも大切とされるフィールドの一つです。新薬を1日でも早く開発し、一人でも多くの患者に行き渡らせるためには、臨床開発という過程をよりスムーズに、効率良く進めていかなければなりません。そのため、治験業務を実施する病院と連携をしながら、シンバイオ製薬の臨床開発部門は日夜、社会貢献ともなる事業を担う責任感を持ちながら業務にのぞんでいます。

臨床開発分野への転職活動にあたっては、これまでに製薬会社でMRとして働いていた経験があったり、調剤薬局の薬局長として勤務した実績があったりすると、比較的スムーズに活動を進めることができるでしょう。もちろん、そういった経験がなくても、プロフェッショナルの薬剤師としてのキャリアを積極的にアピールすることによって、採用担当者にポジティブな印象を与えるといったことは可能です。

このように、シンバイオ製薬においては、少数精鋭でありながらも新薬の開発から製品化、販売促進までのすべてを自社スタッフで担当して業務を進めています。少数精鋭であるということのメリットは、それだけ幅広いフィールドで活躍できる可能性があるということでもあります。

製薬会社の薬剤師求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦