薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

武田薬品工業で働く薬剤師の給料やボーナス相場

※薬剤師転職サイトランキングを見る

武田薬品工業は、大阪に本拠を持つ、創業1925年の歴史のある製薬会社の一つです。日本だけでなく世界でもそのブランドが知られており、社員数は6,500人を超えます。平均勤続年数は13.7年で、社員の平均年齢は38.4歳と業界内でも相対的に若い世代が活躍している企業です。平均年収は955万円と高く、大卒の初任給も24万円で、一般的な初任給の相場よりも高めに設定されています。給与モデルは30歳で年収792万円に対し、ボーナスが138万円、40歳で年収992万円に対しボーナス190万円、そして50歳では年収は1,162万円にまでアップし、ボーナスは241万円となっています。

武田薬品工業では、さまざまな部門でキャリア採用を行っています。日本を代表する大企業でもありますので、人事部や総務部、経理部などのいわゆる間接部門での求人案件も多く提供されていますので、薬剤師として仕事をしてきた実勢のない方でも、転職希望先の一つとして活動を行うことはできます。しかも、社内における研修制度もさまざまに充実していますので、働きながら医薬品に関する色々な知識を身につけていくことも可能です。間接部門で働きながら、社内の配置転換でMR職を狙うという働き方も考えられるでしょう。

すでに病院薬剤師や調剤薬局の薬剤師など、プロフェッショナルの薬剤師として働いた経験があるのであれば、それらのキャリアを活用して転職活動を行うようにするといいでしょう。武田薬品工業においては、新薬の開発や創薬などを行う研究部門や臨床開発部門、医薬品の製造を行う生産部門、そしてそれらの医薬品を病院や薬局などに販売する販売促進部門があるなど、医薬品を取り巻くさまざまな工程をカバーしています。

そこで、これまでの薬剤師としてのキャリアをどのフィールドで役立てるのかを決めることになりますが、研究や開発部門に所属して研究活動に身を捧げたいのか、決められたプロトコルに従って、より効率的に安全な医薬品を生産することに没頭したいのか、あるいは自社で製造したオリジナルの医薬品を、より多くの病院や薬局で取り扱ってもらえるように働きかけを行いたいのか、自分だったらどのように仕事をしたいのかを決めていきましょう。

いずれの場合でも、製薬会社の使命の一つは、いま苦しんでいる患者を1日でも早く、一人でも多く病気の悩みや痛みから解放させてあげることです。医薬品を通しての社会貢献を行っていることを忘れずに、高い志を胸に転職活動にのぞみましょう。

製薬会社の薬剤師求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦