薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

公務員として働く薬剤師の給料相場をご紹介!

※薬剤師転職サイトランキングを見る

公務員薬剤師と一口にいっても、その勤め先は多岐に渡っていて、ときには国立病院や公立病院、小学校や、中学校、高校などの公立校の学校薬剤師などもそうですしおもに公的な施設、医療機関に勤めている薬剤師はすべて公務員薬剤師ということができます。

最近は職業においても安全、安定志向が高いですので、公務員薬剤師は確かに民間の企業よりもお給料自体は差を付けられることが多いかもしれません。しかしながら、公務員薬剤師としての安定したポジションや、ある意味民間よりも競争は少なく、福利厚生なども充実していて、より将来の保障があると思われるこうした公務員薬剤師を好む人も確実に増えているでしょう。

若い時には、そのお給料の安さや働いてもあまり給料に結びつかず、苦々しい思いをすることもあるし、病院などでも私立のところにしたほうがよかったかもしれない、と後悔することもあるでしょうが、こうした公務員薬剤師はそれでも安定していて、将来性のある仕事であるのは間違いないです。

将来に対して夢があるか、伸びしろがあるかというとその答えはそれぞれ違うかもしれませんが、自分なりにできることを見いだし、公務員として薬剤師という資格を活かすことができるということは、非常に意味のあることです。

また公務員薬剤師という仕事を選ぶにあたって、その仕事にやりがいを見つけることも大事なことです。ただ漠然と仕事をしているようでは、毎日同じ事の繰り返しです。ルーチンワークのなかにでも、自分の目標をもつといいでしょう。長い時間をかけてその何かをみつけていくことになります。

公務員薬剤師は、当然民間企業よりも求人が少ないですので、そうした求人を見つけたら早めに応募してみたり、学校の同級生や、先輩、もとの同僚などに聞いて、空いているポジションを紹介してもらうことができます。

公務員になることを望んでいても、より国家資格を持って専門職なのですから、普通の公務員の人より、職業選択の自由があるのです。もし、そうした公務員の生活が肌に合わないというようであれば、そのときは薬剤師という資格を活かして、民間企業に就職することができるのです。自分のキャリア、実量養成の期間として、または一生の保障を得る為に公務員薬剤師として働くのも、将来的にみても悪くはなさそうですね。また、民間でキャリアを積んでいても、途中から公務員薬剤師として働くようになるのも、チャンスがあればできる時代です。転職サイトなどを多いに転職の際には利用したらいいと思います。

薬剤師の給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦