薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

離島・僻地で働く薬剤師の給料相場をご紹介!

※薬剤師転職サイトランキングを見る

薬剤師の中には、離島・僻地に務める方もいます。一番の特徴として、待遇が良く給料が高めというものがありますが、これは、離島・僻地において医療関係者が不足していることが大きな要因です。薬剤師について見ていくと、最近はその需要がさらに高まっています。もともと大学を終了しなければ得られない国家資格でしたが、数年前に資格取得までの過程が変更され、大学院まで進学する必要が出てきました。結果として、取得まで時間がかかる専門性の高い資格となっています。

その一方で、医療機関の中で絶対に欠かせない人材でもあります。病院はもちろん、クリニック、あるいは薬局でも必要不可欠な存在です。また、ドラッグストアなどにも配置しておかないと営業ができません。このように、資格取得のハードルが高い一方で、必要性の高い、替えの利かない人材ということで、需要は全体として非常に高いです。東京などの大都市であっても、そして地方や、離島・僻地と言われるようなところであっても、どこでも需要は高いと考えていいでしょう。

ただし、東京など都市部では人口も多く、その分薬剤師はたくさんいます。そのため、不足状態ということはありません。働く側とすればいろいろな求人の中から自分にあったものを探し、他の応募者と競争することになります。それでも、働き口が見つからないということはほとんどありません。中小規模の薬局は毎日のように新しい店舗ができている状態で、働き場所は無数にあるからです。しかし、これが地方になると人材は不足気味となり、離島・僻地になれば病院でも人材がいないという状況になってきます。

気になる給料について見ていくと、薬剤師の一般的な初任給は400万円弱となっています。ここから年数が立つにつれて上昇していき、全体の平均値は500万円半ばほどになると考えられます。しかし、これが極端に人材が不足している離島・僻地となると、初任給でいきなり年収600万円ということも珍しくありません。もちろん、それ以上もあります。初任給でいきなりこの数字を叩き出すことは、他の職業を見てもほとんどありません。しかしながら、当然このような条件の出る地域は、生活をする上で不便がつきまといます。例えば、夜でもやっているコンビニやスーパーといった当たり前のものが揃っていないことも珍しくありません。また、人材が不足していることで勤務が忙しくなり、休みもろくに取れないこともありますし、薬に関しては責任者の立場となることになります。責任も業務量もとにかく大きいというデメリットも考えておきましょう。

薬剤師の給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2012 薬剤師の給料アップ大作戦