薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

薬剤師で働く薬剤師の給料相場をご紹介!

※薬剤師転職サイトランキングを見る

薬剤師になるまでのコストは、教育費も考えるとかなりのものです。6年の大学教育と、その教育を完了する、資格取得までの実費を考えたら、親など、学費を出してくれる人がいる場合はまだいいでしょう。しかし、学費の自己負担をしないといけない場合は、奨学金を利用したとしてもそれだけでは足りないこともあります。学費のいくらかを自分で負担をしなければいけない場合は、学生のアルバイト、またはいざ就職をするときに、なるべくお給料がいいところを選ぶようになるのは無理もない事です。

実際に、薬剤師の活躍する分野は広がってきており、病院やドラッグストア、または調剤薬局の定番の勤め先もありますが、実際に薬剤師というよりは、その知識を活かして普通に製薬会社のサラリーマンとか、それに関連した職業に就く人も年々増加傾向にあるといいます。

そんな薬剤師の現状というのは、実はそう楽観視できるものではなく、将来的には薬剤師の人数が過剰になってしまうことも懸念されているということです。医師の間でも何科の医師になるかの希望をとると、偏りがでているということで、将来的に、医師や薬剤師の過剰、もしくは不足が極端にでることも予想されます。

当然、薬剤師にしても、医師にしても就業条件がよく、環境のよいところで長く勤めたいのは理想ではあります。しかし、なかなか最初は自分が思い描いた様に就職口が見つからなかったり、最初に勤めたところを何らかの理由で辞める事になる場合もあります。

また、それなりに給料も時給も悪くないからということで、アルバイトや派遣、契約社員などで働き、転職のチャンスをまっていることもあります。薬剤師のお給料の相場は、それぞれの勤め先の条件によって変わります。お給料自体はそれほどでもなくても福利厚生が充実しているところもあって、必ずしもお給料だけで選ぶことはできません。

しかしながら、お給料というのは、仕事をしている上でやはり一番のモチベーションのもとになるものですし、それによって、学費のローンや奨学金、そしていまの自分の生活を支えるもとになり、なおかつ将来の生活プランにもかかわってくる重要なものです。ですからやりがいがある仕事だから、といってもそればかりでは薬剤師という仕事を続けていても将来の展望が見えてこないことがあります。もしよりよい就職先を見つけたいなら、積極的に動くべきではないでしょうか。いまは転職エージェント、とくに薬剤師の転職のための専門サイトがありますから、まずはどういった案件があるのかお給料の相場を確認してみましょう。よりよい職場が見つかるかもしれません。

薬剤師の給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2012 薬剤師の給料アップ大作戦