薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

年収1000万円を目指す

※薬剤師転職サイトランキングを見る

薬剤師でも、1000万円プレイヤーはいます。でもこの場合、大企業の工場の管理薬剤師とか、または自営業で自分の調剤薬局、ドラッグストアを経営しているレベルでしょう。まだ企業の薬剤師で、これだけの収入を得ている人は多いとはいえません。でも確実に存在している層です。

しかしながら、その責任は重くなにか失敗不手際があったら、その会社の信用問題、もしくは自分の会社もろとも破産というような場合も多く、それだけのリスクがあるからこそ、やはりそれだけの年収のついてくるということでしょう。一時的に年収1000万を超えることがあっても、それを維持することは並大抵のことではないし、ストレス、プレッシャー、仕事の内容も専門的、また管理職としての腕前も問われるようになります。

薬剤師は専門職ではありますが、その専門性の割にそう年収が高くありません。他の医師、弁護士、公認会計士、そして税理士のほうが平均して年収が高いし、1000万代にのせるのも割に早く、それはこうした士業であることの特権です。

しかし、薬剤師の場合は、企業で働くにしても、また独立して事業を興すにしても、ほかの士業に比べて、競争が激しく、また薬剤師の絶対数が多くなっている最近では、余程の専門知識や管理者としての経験、また自営業以外で、1000万を得ることはまず不可能でしょう。他の仕事に比べて独立が難しいのも、薬剤師の収入を伸び悩まされている原因の一つです。

しかし、そのような不利に見える状況のなかで、それでも1000万の年収をとっている人、そして不景気にもかかわらず売上を伸ばしている企業もあるしピンチはチャンスとばかり、より業績を伸ばすほうの波に乗りたいですね。

薬剤師のようにその資格を取るまでに学費や時間がかかる仕事はそれなりに専門性も高い筈です。ですから、より高い給料を目指しても当然といえば当然でしょう。もしもっと年収を増やしたい、責任は増えてもよりやりがいのある仕事をしたいというのであれば、転職エージェントに相談しましょう。

また、独立開業なども、準備資金があって、開店のメドが立つようであれば、チャレンジしてみましょう。ドラッグストアとの競争、また他の薬局とも競争しなければなならないので、大変ですが、お得意さんを見つけるなどして工夫によって別のビジネスモデルをみつければ、それなりに成功することも不可能ではありません。とても難しいですが、だからこそチャレンジ精神で始めて見ましょう。やってみればそれなりの手応えがあるし、サラリーマン生活では味わえなかった、自営業の苦労も分かりますが、身入りを多くすることもできるでしょう。

年収1000万の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2012 薬剤師の給料アップ大作戦