薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

年収1200万円の薬剤師を目指す

※薬剤師転職サイトランキングを見る

薬剤師として、年収1200万レベルをとることができるのは、おそらく大企業の研究室の室長レベル、そして大企業の工場の管理薬剤師、またはドラッグストアのエリアを統括する人やかなりの役職のついた薬剤師、自分で数件薬局を経営するオーナーでしょうが。だだし、大企業を除いては、経営が上手くいっている企業に限ります。念のため。

もし薬局などをかなり手広く営業しているようであれば、数千万以上の収入も夢ではありませんが、それでもそれを営業しているのは並大抵の努力ではありません。常に社長として責任を持たないといけませんし、大企業のサラリーマンとしてもそれは同じ事ですから、毎日かなりのストレスです。

でもこの層になると資金や家計に多少の余裕があり、そうしたお金を余暇に使いまた交際を広げる為に使ったりできます。会社にいる場合もある程度の経費は会社持ちですから、かなり余裕のある生活ができます。そうした日を夢見て、毎日の激務をこなしているサラリーマンがかなり多いでしょう。そしてこうした一見成功した人も、そうした時代があったはずです。

また、外資系の製薬会社でも年棒で1000万円以上貰っている人はいるでしょう。こうなると、薬剤師というよりは、経営よりのポストに就いている人になります。資格も法学博士や、MBA 取得者がおおくなってくるところです。

実際に薬剤師で、1200万円は可能ではあります。しかし転職サイトをみてもあまり数がのっているものではありませんし、エグゼクティブクラスの転職情報はまた別であったり、非公開求人にある場合も多いでしょう。もし自分がそうしたポストにふさわしい能力があると自負している場合は、自分に見合ったポストを見つけるまで、転職エージェントに代理で探してもらいましょう。

もし自分が望んでいるようなポストがない場合、自分で起業するのも一つの方法です。景気が悪いと言われている今こそ、テナントの賃料が下がり、企業は在庫を抱えています。そんなタイミングで、発想の転換を図れば、きっといいアイディアも浮かぶことでしょう。年収1200万を目指すには、すこし変わった視点、もしくは専門的な知識、技術が求められることはまごうことなき事実です。企業に入ってもあまりよい業績を残すことができなかったら、転職エージェントへ相談、もしくは自分で起業するなどよりダイナミックに薬剤師という資格を活かすために奔走してください。小さくまとまるよりも大きく勝負にでたほうがいいときもありますね。自分のアイディアとタイミングで、年収1200万円、またそれ以上、実現してみませんか。

年収1200万の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦