薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

年収600万円の薬剤師を目指す

※薬剤師転職サイトランキングを見る

薬剤師として、年収600万を目指すというのはそう高いハードルではないはずです。公立の病院、そして私立の病院、調剤薬局、もしくはドラッグストアに勤めるなどしていれば、普通に30代くらいには600万の大台にのせることができるでしょう。

比較的民間の薬局、もしくは病院なら私立のほうが年収がいいですが、それも場所にもよるし、役職がついてくればその分年収は多くなります。年齢が若くても比較的給料が高いところもありますので、その企業、または団体の内部、もしくは自分の頑張り次第というところです。しかし薬剤師という仕事、あまり収入の格差がない代わりに、劇的な年収アップも望みにくいところがあるのも忘れないようにしましょう。年収よりも福利厚生ということで、公務員として働く薬剤師もいます。

普通に正社員、フルタイムで働いているようであったら、30代、公立の病院でも30代後半には600万円くらいの年収をとることも普通です。しかし、それが40代、50代になって来ると、役職がつくかつかないかで大きく年収が異なってきます。ですからなによりもその職場のなかで自分の存在、そして仕事を印象づける事が必要でしょうか。

もし若いうちに、つまり20代でも年収600万を目指すのであれば、一般企業に就職する事が近道です。できれば実力主義の外資系などで、歩合制の仕事などを選び、自分の実力でかなりの成績をおさめることができれば、500万を超えることはわけはないでしょう。でもそうした一般企業、民間企業は常に競争にさらされているので、いつ自分がだれかに抜かれるかもしれないという恐怖やストレスに苛まれることもあるでしょう。そうして競争に疲れきった時に、リストラされる危険もあります。

実力主義はそういった怖さもあります。つまり実力を発揮できている間はいいけれど、ということです。また年齢もより若いほうがコストも安く、よく働いて効率が良いということで、常に組織が新陳代謝を積極的に行なっていることもあって、40代、50代になって急に公務員の友人が羨ましくなってくるのもこの頃ではないでしょうか。

もし、薬剤師として600万の収入が続けばいいと考えるのであれば、無理はしないことです。もし薬剤師として働いて平均の年収が600万なら、それは20代のときは400万かもしれませんが、逆を言えば、50代になって800万にのる可能性もあるということです。何事も無理をしないで、着実に階段をのぼっている事も大事ですし、転職エージェントに相談するにも、あまり年収ばかりで仕事を吟味しないほうがいいでしょう。それで痛い目をみるのは自分なのですから。

年収600万の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2012 薬剤師の給料アップ大作戦