薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

年収800万円の薬剤師を目指す

※薬剤師転職サイトランキングを見る

薬剤師の平均年収が500万なのを考えると、800万というのはいい数字です。平均年収のレベルで考えると、40代後半から50代のレベルで、それも結構一般企業で待遇がいい方の会社でしょう。時に例外もあるでしょうが、ドラッグストアの店長で景気のよい店舗はこれくらい貰っているでしょう。

また企業の研究職でそれなりにキャリアを築いた方は、800万くらい貰っていてもおかしくはありません。それぞれの中堅から、責任者レベルになるでしょうか。薬剤師としては満足できるレベルですが、それでも1000万円に届きそうで届かないことのジレンマなどあるかもしれません。

もし男性でも女性でもこれくらいの稼ぎがあれば、当然パートナーは主婦、もしくは主夫でもやっていけるでしょうし、子供がいても人生プランはしっかりたてることができます。そしてもし子供が薬学部に進みたいと言い出しても、子供2人くらいならなんとかなるレベルでしょう。多少パートナーにパート、もしくはアルバイトにでてもらうことになるかもしれませんが。

しかし、薬剤師のなかで、しかも企業に所属していて、800万の年収を取るとなると、余程業績が良い企業は別にして、かなりの責任を任されることは必至でしょう。そしてそのポジションが安泰ともいえないのが、最近の経済状況です。高収益を連続してした製薬会社もその収益にかげりがみえてきたり、円高を背景にM&Aを試みたりしていますが、最近の業界再編の動きは余談を許さないし、ジェネリック医薬品がこれからどうなっていくかもわかりません。

また、ドラッグストアの熾烈な競争は、消費者の目からみてもかなり企業の収益を圧迫しているのでないかと心配になるレベルです。どうみても難しい日本経済の先行きもあって、転職というよりもいまのポジションを守ることに骨身を削っている薬剤師さんも多いことでしょう。

当然年齢的なこともありますが、年収800万レベルまでくることが出来た薬剤師さんは平均から見たら、決して悪くはないでしょう。但しその環境にもよります。公共、つまり公立病院などでその地位をもっているのなら、福利厚生を含めて辞める必要など少しもないでしょう。でももし、民間で、激しいストレスに苛まれつつ、いまのポジションを保持しているのであったら、転職しても悪くはないでしょう。ただし、年齢を重ねてからまた新しい職場に馴染むのは、外資系のように基本的に社員の出入りが激しく、また外部から人を招く事が多い所では容易いでしょうが、まだ伝統の根強い日本企業では溶け込むのに苦労するかもしれません。

年収800万の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦
>