薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

学校で働く薬剤師の給料相場をご紹介!

※薬剤師転職サイトランキングを見る

学校薬剤師と言う仕事は、実はあまり知られていません。学校の保険室にいる先生は比較的よく知られている事が多いですが、実は学校保健法第16条で、幼稚園、小学校、中学校、高等学校には、学校医、学校歯科医、また学校薬剤師をおくことになっているといいます。そして学校薬剤師の仕事は、学校の衛生環境を検査したり、学校環境についてのアドバイザーとして働くというような仕事をしているといいます。

あまり耳慣れない仕事であるだけではなく、どのような業務を行なっているのかも分かりづらいですので、すこし説明していくと、学校薬剤師の仕事は、当然薬品の管理、例えば、保健室や理科室の薬品の点検というのは言うまでもないことですが、そのほかゴミの処理、適切なトイレの洗浄、衛生状況の管理、害虫、ネズミの駆除、騒音の調査、換気の徹底、教室の明るさ、明度の調整、プールや給食室の衛生管理、飲料水の検査など、調べればいくらでもあります。また、当然のことながら、学校での薬物の取り締まりなども最近では重要な職務です。中学、高校になると、学校で不法な薬品を取引する生徒がでてきますから、そうした取り締まりもしないといけません。

学校薬剤師は、基本的に必要な時期に、必要なところを御手伝いするという場合も多く、そのボジションをもし狙うのであったらもともと求人数が少ないですので、求人がでてきたら、そのチャンスを逃さないようにするのが一番大事です。もしどうしても学校薬剤師の仕事がしたいのであれば、多少いまの住まいから引っ越すくらいの覚悟が必要です。それくらい希少なポジションです。

しかしながら、全国には公立、私立を含めてかなりの数の学校があるのは確かです。日々業務に忙殺されるでしょうが、やりがいも多く、生徒とのコミュニケーションもはかることができる仕事です。育ち盛りの子供の生活面、様々な部分をしっかり支えることができる仕事ですので、あまり知られてはいないものの、薬剤師の仕事としてもっと引き合いに出されてもいいと思います。

学校薬剤師の待遇、そしてお給料については、その勤め先の学校が公立が私立かによってかなり違って来ることでしょうし、すべてはその給料基準によると思います。公立の場合はお給料自体は期待できないこともありますが、その代わり、福利厚生などでバランスがとれるようになっています。

もし薬剤師として働くにも、より学校教育のお手伝いをしたい、また子供を助ける仕事をしたいというであれば、学校薬剤師もよい仕事です。でもなかなか忍耐力が必要な仕事でもあり、ときに児童とうまくいかず、悩み、疲れてしまうこともあるかもしれません。これも適所適材で、向いている人もいれば、他の仕事についた方がいい薬剤師さんもいます。教師を目指したことがある人なら適しているかもしれませんね。

薬剤師の給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦