薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

大学病院で働く薬剤師の給料相場をご紹介!

※薬剤師転職サイトランキングを見る

大学病院のお給料相場は、その大学病院が、国立なのか、または私立なのかで大分対応は違って来るでしょう。一般的に、私立の大学病院のほうがお給料は高めということがいわれていますが、その役職によっても違いますし、福利厚生ややりがい、そして環境などを考慮することがあれば、一概にお給料だけで職場を決める、やりがいをはかることはできないのが分かります。

当然、自分がどういったことを重点において職場を選ぶかにもよるでしょう。転職の経験のある薬科大学時代の同級生や、また先輩などから事情を聞いて、良さそうなところがあったら、その大学病院を目標にしてキャリアを築いていく事が大事です。

また、もし自分が大学時代のローンとか、生活の基盤を早く築きたいというのであれば、公立病院よりは私立の病院、または薬剤師の資格を活かして一般企業に就職する道もあります。その方が平均的な手取りは多いでしょう。

大切なことは国立や公立の病院は、長く勤めることにメリットがあり、そしてその給料というのも徐々に上がっていてって安定度はよいのですが、若いうちはなかなか厳しいときもあるかもしれないということです。収入のことでいえば、世間でいう国内企業と外資系企業のようなもので、長い安定を選ぶのか、給料はいいけれど、いつ首になるかも分からないリスクとどちらを選ぶのか、というところになるでしょうか。

どのような仕事でも裏表、メリット、デメリットがあるものです。目先の利益に惑わされることなく、先のキャリアも考えて、転職を考えましょう。隣の芝生は青く見えるということはどんな仕事でもありますが、若い時はつい早まった行動をしがちです。長い目でみれば恵まれた仕事である大学病院の仕事を辞めてから後悔するのでは遅いので、色々な人の、とくに自分より年輩で、経験もありそうな人の意見をしっかり聞いて、転職を勢いでしないようにしましょう。

そしてもし、転職を成功させたもと同僚や、先輩がいる場合は、その体験談などを同時によく聞いて、よい転職エージェントなどがいるようであれば、そうしたところを紹介してもらうといいでしょう。しかし、人の話は話半分に聞くくらいの慎重さはもっていたいものです。当然、お給料がかなりよい民間企業ですと心が揺れるのは当然です。でも仕事というのはそれだけではそのやりがいや重要度、そして将来はわからないので、ある程度のメドがつくまでは大学病院にいてもいいのではないでしょうか。そう急がなくても薬剤師の求人はいつでもあるものです。でもいまのポジションには戻れないということです。

有名大学病院の薬剤師給料事情

※薬剤師転職サイトランキングを見る

帝京大学病院  聖マリアンナ医科大学病院  北里大学病院  岡山大学病院  杏林大学病院  京都大学医学部附属病院 慶應義塾大学病院  千葉大学病院

大学病院の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦