薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

京都大学医学部附属病院で働く薬剤師の給料相場と求人事情

※薬剤師転職サイトランキングを見る

京都大学医学部附属病院は、iPS細胞を使った先進医療が発展している病院で、様々な先進医療が実践されています。そのため、薬剤師としても新しい薬物治療に関する知識を学び、医療の最先端にいられるというメリットがあります。病床数は1,100床を超えていて、かなり大きな総合病院となっています。診療科もがん薬物治療科や消化器内科、整形外科など様々なものがあり、ありとあらゆる症例に対応できる体制を整えています。

薬剤部には多数の薬剤師が在籍していて、それぞれの専門分野に分かれて業務を行っています。入院患者さんのための調剤業務や服薬指導など、基本的な業務に加えて、医師と一緒に診療に当たるチーム医療にも加わることができます。特に、京都大学医学部附属病院は、がん診療の拠点となっている病院ですので、薬物治療のエキスパートである薬剤師のスキルを十分に発揮できる環境が整っています。様々な治験業務を行われていますので、臨床に参加するだけでなく、新薬開発の一端にあずかり患者さんの命を救う貴重な仕事を行うことができるでしょう。

京都大学医学部附属病院における給料は、大学病院の職員規定に沿って決定されます。勤続年数によって基本的な給与が変動する仕組みとなっていて、勤続10年を超えるあたりから月給30万円程度に上がっていきます。もちろん、これに超過勤務手当や住居手当、家族扶養手当などが加算されます。また、役職や専門資格の有無によっても手当が付くこともありますので、頑張り次第で満足のいく給料を得られるようになるでしょう。民間病院よりも、ボーナスの支給基準や昇給基準が高いので、安定した待遇を受けられるというメリットがあります。

福利厚生の制度もしっかりとしていて、各種保険制度や健康診断などの制度を活用することができます。また、大学病院ということもあり、教育制度がきちんとしていますので、新たに何らかの専門分野のスキルを高めたいと思った時、効率よく高度な知識と実務による経験を積むことができます。民間の病院ではなかなか見ることができない症例も、大学病院では数多く体験することができますので、生きた知識を身に着けることができるでしょう。このように、京都大学医学部附属病院は薬剤師のスキルを高めるためにとても理想的な職場となっています。その分、競争が激しくなる傾向も見られますが、じっくりと転職活動に身を入れて行うことで採用のチャンスを高めることができるでしょう。

京都大学医学部附属病院の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦