薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

聖マリアンナ医科大学病院で働く薬剤師の給料相場と求人事情

※薬剤師転職サイトランキングを見る

聖マリアンナ医科大学病院で働く薬剤師の給料について、まずは病院の基本情報と求人情報を見ていくと、神奈川県川崎市に所在する大学病院となっています。名前が特徴的ですが、これはカトリック系の大学の付属病院であるからです。川崎市の中でも北西部の地域医療を担っている病院であり規模も非常に大きく、神奈川県では初めての救命救急センターに指定されています。他にも、災害医療拠点や臨床研修指定の病院など、地域の医療において大きな役割を果たしている病院です。

キリスト系の病院ということで、病院内の薬剤部にはアメリカやイギリスなど外国で経験を積んだ医師も所属しており、外国の医療技術や知識を積むこともできます。これらの人材は、臨床業務はもちろん、人材教育についても影響を与えています。聖マリアンナ医科大学病院の求人について見ていくと、系列の病院がいくつかあり、いずれにおいても求人を行っています。具体的には、横浜市西部病院と東横病院があります。採用の可能性が広がるということで、希望している人にとってはありがたいことでしょう。さらにもうひとつ、川崎市立多摩病院がありますが、この病院の職員については、公的運営の医療機関でありながら、職員は市の職員ではなく聖マリアンナ医科大学病院の職員となっています。つまり、ここも職場として選択肢の内に入ってくるというわけです。

聖マリアンナ医科大学病院の給料については、一般的な大学病院と同程度となっています。新卒で月20万円となり、ボーナスは年に4ヶ月分ほど、年収にして400万円ほどからのスタートとなります。勤務年数によって昇給していき、30代前後で平均年収の500万円に近づいてくるでしょう。

この他、病院の情報について見ていくと、薬剤師はいくつかの部門に分かれて業務を行っていきます。例えば臨床薬剤科という部署があり、これは病棟勤務となります。オーソドックスな業務であり、患者に対する服用指導やアレルギーの有無の確認などを行っていきます。他にも、薬剤科では注射で使用する薬の調剤などを行っていきます。対称となるのは入院患者で、外来患者については院外処方が原則となっています。 さらに、製剤科では医薬品の製剤を行います。必要な薬剤の調合の他にも、食事のできない患者に向けて栄養剤を提供するといった業務もあります。さまざまなセクションがあり、業務がしっかり分担されているので、働きやすい環境となっています。

聖マリアンナ医科大学病院の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦