薬剤師の給料アップ大作戦【薬剤師求人エージェントをご紹介】

岡山大学病院で働く薬剤師の給料相場と求人事情

※薬剤師転職サイトランキングを見る

岡山大学病院は、研究機関としての活動とともに50近くの診療科を設け、約800床ものベッド数を備える、岡山県内でも最大級の規模を誇る病院です。この大規模な病院、そして最新の医療サービスを提供する病院を支えるためにたくさんの薬剤師が働いています。100名近い薬剤師がこの岡山大学病院には在籍していて、様々な業務を行っています。

大所帯の薬剤部を支えるためにも、定期的に新規、中途採用を行っていますので、レベルの高い医療に触れて自分のスキルを磨きたい人、今まで身に着けてきたスキルを十分に発揮したいという人にぴったりでしょう。特に、この病院には、がん治療や緩和ケア、糖尿病治療などに関する専門資格を持った薬剤師がたくさんいますので、それぞれの分野における知識を深めたいという人に向いています。

岡山大学病院の薬剤師の雇用条件は、大学の規定によって定められています。6年生の大学を卒業した薬剤師の初任給は20万円前半くらいとなっていて、経験年数によって給料が上がる仕組みとなっています。ボーナスは年に二回支給され、月給の4か月超が支給基準となっています。毎年ちゃんと昇給もありますので、長く働き続けることでしっかりとした額の給料をもらえるのがメリットと言えるでしょう。こうした基本的な給与に加えて、扶養手当や住宅手当、超過勤務手当などが付きますので、トータルではまとまった額を稼ぐことができます。

岡山大学病院では、充実した研修制度を設けていて、初年度は一人一人にメンターが付き、技術的な側面だけでなく精神的な支えも与えられます。そして、定期的に薬剤部の中で勉強会があり、より深い知識とスキルを身に付けられるようになっています。薬剤師としての能力を効率よく磨いていくことができる環境ですので、将来に備えるという意味でも理想的な職場でしょう。業務の種類はいろいろありますが、専門分野に分かれてスキルを深めていくことも可能です。一般的な調剤業務はもちろんのこと、医師とチームを組んで治療に携わることもできますし、特に珍しい症例が多い大学病院ならではの貴重な経験を積むことができます。

岡山大学病院に採用されるにあたっては、採用試験をパスしなければなりません。英語を含む筆記試験を受けて面接を行います。試験の傾向などに関する情報を入手して、時間をかけて対策を採るようにしましょう。採用試験の結果によって採用の可否が大きく変わりますので、転職活動で行うべき重要なポイントとなります。

岡山大学病院の求人掲載!給料UPをサポート!人気求人サイトをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録

薬キャリ
薬キャリに登録

© 2017 薬剤師の給料アップ大作戦